大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

ピコ太郎と自分の夢を重ねてみました!!結婚おめでとう。ピコ太郎。

こんにちは。

 

JAPANくんです。

 

今日はこのニュースについて言いたいことが山ほどあります。

 

外部のサイトへ移動します - グノシー

 

あのピコ太郎(44)が15歳年下のタレントさんと結婚したそうです!!

 

古坂は入籍を報告し「私の年齢としてはガチガチの大人ですが未だ未熟な私と妻で、箸が転がっても拾う様な、トンボが教室に入って来ても窓開けて出す様な(私、例えが下手みたいです)、明るい家庭に仕上げて行きたいと思います。いやさ、命懸けで仕上げてみせます」とコメント。

 

なんかめっちゃ楽しそうやん!!!

 

実はJAPANくんには夢がありまして。

 

JAPANくん2017.8.4現在で31歳なんですが。

 

40歳までに

 

芸能人と結婚するのが目標なんです!!

 

これは、かなり真剣に言ってて。

 

みんな、芸能人と結婚できるならする?しない?って聞くと

 

できるならしたい

 

と答える人が多い気がするのですが、よし!芸能人と結婚するぞ!!

 

みたいな人は少ないと思うんです。

 

多分みんな自分には無理と諦めてるだけだと思うんです。

 

芸能人と結婚しようと思ったらまず仲良くならないといけないと思うんですが

 

テレビ局で働いたり

 

自分で会社起こして好きなタレントをCMで起用したりすれば十分仲良くなれると思うんですよ。

 

そう言う感じで、

 

やると決めて、言い続けたらなんとかなるっていう背中を見せたいし

 

何より元教員の地味な感じの自分が芸能人と結婚できたとしたら…

 

世の中の男性達に勇気を与えられると思うんですよ。

 

だから!JAPANくんは!やりますよ!!

 

やって見せますよー!

 

第二のピコ太郎になります!!!笑笑

大学で何を学ぶか。ていうかそもそも大学って行くべきなのか?

こんにちは。

 

JAPANくんです。

 

 

今日はこんなニュース記事を読みました。

 

「志望者殺到の人気大学を選んでいいのか」志願者殺到の「人気大学」を選んでいいのか? : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/4

 

 まとめると、近畿大学のように『偏差値』はそこまで高くない大学であっても『近大マグロ』など、独自研究でおもしろいことをやっているということを発信し続け、『志願者数』で全国1位になる大学がある。

 

逆に、入試方式を工夫して複数出願を推奨し『のべ数』として、『志願者数』を増やしている大学もある。

 

今後は、そのようにマーケティングで学生数を増やしていくのではなく、『マッチング』つまり、「なにを学ぶか?」の学びの幅で人気が時代になっていくそうです。

 

僕は、勉強したくない人は大学いかなくていいと思っています。

 

大学にいかずに、高卒で年収300万として4年働いたら1200万たまる。

 

大学は私立だと年間100〜150万つまり600万円の損失。

 

お金の面『だけ』でいうとどっちが得なのかわからなくなって来ますね。

 

実は、僕はお金はそこまで重要視してないんですが時間がもったいないと思います。

 

大学に行くなら、

 

モテたい!

 

でもいいし、

 

やりたいことを追求する!

 

でもいいし、

 

なんらか目的を持って行きたいものですね。

 

JAPANくんはマジで大学の時は一日20時間勉強してました。笑

 

大学入学前に、読んだある本で

 

『大学生になったらバイトはするな』

 

というのが書いてあって、理由を読むと…

 

『なんでもできる大学生活で「お金のためのバイト」をするな。君の時給=君の命の価値=800円でいいのか。恋愛でもいい。勉強でもいい。800円より価値ある1時間の積み重ねが君の未来をつくる。』

 

みたいなこと書いてあって。

 

かっ…かっこいい!!

 

と思ってしまい。

 

本当に大学生の4年間はお金のためのバイトはしませんでした。

 

教師になるつもりだったので、経験のために、くもんや家庭教師、個別指導塾などはやりましたが(^^)

 

おかげで一日20時間勉強できてその蓄積で今、食えているようなもんです。

 

【今日の教訓】

 大学は目的意識を持っていこう!

 

当たり前のことですが大事なことですね(^^)

今話題のビットコインも確かにいいけど、僕は圧倒的にイーサリアムの方が可能性を感じてますっていう話。

こんにちは。JAPANくんです。

現在参加中の10000冊プロジェクトの読書投稿です^_^

10000冊プロジェクトとは
https://www.evernote.com/shard/s496/sh/90896bd2-7798-42bf-9606-e7a40a1e60ff/347fc824327cd0cb01603f9943968f11

 

 

【10000冊プロジェクト読書投稿】
 
『スマートコントラクト本格入門』
著者:鳥谷部昭寛ほか
発行日:2017.3.1
評価:★★★★☆(所要時間:10時間)
読破冊数: 3/100冊
■こんな人におすすめ
・ビットコインの取引はなんとなく始めたけど、仕組みはよくわからん。

・イーサリアムなんかすごいって聞いたけど何がすごいの?

・「イーサリアム」の仕組みをつかってなんかサービスつくりたいな。

 
■概要

ビットコインは、暗号通貨として法定通貨ではできない、早くて安い国際送金や、管理者がいない仕組みを実現している。

ビットコインは通貨として注目されているが、注目されるべきはビットコインを成り立たせている仕組みの『ブロックチェーン』である。

ブロックチェーンを通貨以外の意図で用いたとのをブロックチェーン2.0(もしくはビットコイン2.0)と呼び、イーサリアムが実装する「スマートコントラクト」という技術を使えばさまざまな契約について自動化できる。例えばレンタカーを借りる際に、契約書を交わす⇨お金を支払う⇨鍵を受け取る⇨乗る⇨返しに行くというのは手間がかかるが、スマートコントラクトを利用するとそれが全自動化される!

 


■この本から学んだこと
・とりあえずスマートコントラクトは世の中を変えると思う。

・現状イーサリアムが最強だとわかった。

・細かい暗号通貨の分類や暗号化技術の細かい仕組みがマニアックなレベルでのっていて勉強になった。

 
≪目次≫

第1章fintechによる金融イノベーション

第2章ビットコインを支えるブロックチェーン技術

第3章DAOとスマートコントラクトが実現する世界

第4章スマートコントラクト活用法

第5章スマートコントラクトに関する法律・規制

第6章イーサリアムの開発

第7章スマートコントラクトの開発


#10000冊プロジェクト
#大人の本気の勉強は楽しい
#大人の学校

 

 

世界から見た日本と今後の日本。教育者はどう立ち向かう?

こんにちは。JAPANくんです。

 

今日は今後の日本についてこんな記事を見つけました。

 

http://www.from-estonia-with-love.net/entry/pjapan

 

まとめると、日本は『安い国』になっているとのこと。

 

今後は、これまで中国などに外注してたシゴトを逆に日本人がやるみたいなこともありえるかも…

 

みたいな記事でした。

 

確かに、世界から見てクォリティの割に日本のものは安い。

 

むかし、せどりを勉強してたときにメイドインJAPANのボールペン5本入りを海外のECサイトで売ったら1本200円で売れるみたいなことを聞いたことがある。

 

あとは、安くてうまくてホスピタリティも高い食事も多い。

 

牛丼があのクオリティで300円くらいで食べれるのは、海外では奇跡らしい。

 

我々教育者がそんな世の中を生きていく子どもたちにしてあげれることはなんだろう。

 

うーん。

 

うーん。

 

まぁ、やっぱり『生きる力』という部分かなと思う。

 

自分の意見をはっきり言うとか。

 

自分を表現すること。

 

この辺りは今後どんどん国の境目がなくなっていく世の中で大切なスキルだと思う。

 

言いたいことも言えずに、相手のいいなりになってたらすぐ外国に負けてしまうよね…

 

僕は授業の時に、対話を重視する。

 

なんで?

 

どうしてこの式変形になると思う?

 

ここはどういうアイデアで話を切り出していく??

 

必ず聞く。

 

しつこいくらい聞く。

 

いやがる子もたまにいるけど、数学を通して思考力や発信力がついた方がいいからね。

 

あとは、必ず授業の頭に数学と全く関係ない話を5分する。

 

こうすることで脳が活性化し、学者内容が定着しやすくなることが科学的にわかっているとのこと。

 

ビットコインについてどうおもう?

 

変なことをいっぱい聞く。

 

少しでも、子どもたちの血肉になってくれたらいいなー。

 

 

 

笑うと元気になるし、脳も活性化するんだと大須演芸場に行ってて体感した話。

こんにちは。JAPANくんです。

 

今日は、『笑い』と勉強の関係について考えてみました。

 

こちらの記事によると

 

“笑い”がもたらす 健康効果 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

 

笑うことによるプラスの効果は

 

1.脳の働きの活性化

 

2.血行促進

 

3.自律神経のバランスが整う

 

4.筋力アップ

 

5.幸福感と鎮痛作用

 

特に、『1脳の働きの活性化 』について

 

予備校講師として注目しました。

 

笑うと新しく学習した記憶をつかさどる『海馬』の容量が増えて記憶力アップにつながるそうです。

 

またアルファ波が出て脳がリラックスするとのこと。

 

と、いうことで。

 

昨日は大須演芸場で寄席を見てきました。

 

寄席とは、演芸場で講談や落語、漫才などをたしなむ大人の遊びです。

 

今日は、名古屋よしもとのBIGスターの『オレンジ』という芸人さん主催『オレンジ寄席』でした。

 

f:id:suu61171:20170731123548j:image

 

今回は、二階席でゆったりと観劇。

 

f:id:suu61171:20170731121956j:image

 

最初は主催のオレンジが「ガソリンスタンドのバイト」のネタを披露。

 

f:id:suu61171:20170731122827j:image

 

そのあとは、ホワイト赤マンで有名な5GAP!!

 

めっちゃおもろかった会場の空気が一気に変わった。

 

f:id:suu61171:20170731123111j:image

 

最後にザぼんちで、おさむ師匠を見れました!!

 

ホンマに圧倒的。

 

大阪のおばちゃんのノリみたいなんを多分アドリブで何回もやるんがマジでおもろかった。

 

テレビで見るのと全然違う。

 

ずっと笑ってました。

 

ホントに終わったあとの幸せ感がたまらなかったです!!

 

受験勉強で、つかれた頭を休ませるにはお笑いを見にいくのは、とてもいいかもしれませんね!!

岡山大学のディスカバリープログラムが時代の一歩先いってて高まった話。

こんにちは。JAPANくんです。

 

今日は岡山大学の『ディスカバリープログラム』についてお話しします。

 

http://discovery.okayama-u.ac.jp/jp/special/program/

 

ディスカバリープログラムとは簡単にいうと、『大学に入ってから好きな学部や学科が選べるプログラム』です。

 

これまでだと、東京大学が『進振り』っていうのをやってましたね。

 

一応、入学の時点ではどこか特定の学部に入って大学一年生の時点では「教養学部」として過ごす。

 

二年生になったら、そのまま入った学部に進んでもいいし、もし教養学部で学んでイマイチ会わないなって思ったら学部を変えられる(医学部以外への変更)ということを東大のみがやっていました。

 

岡山大学のディスカバリープログラムは最初から以下のように

 

f:id:suu61171:20170730183526j:image

 

一年時では英語を学んだり、グループワークを英語でやったりして、学習の土台を作ります。

 

その後、英語で授業を受けていくコースと、岡山大学の11個の学部の授業を横断的に日本語で受けていくコースにわかれて、自分の学びたいテーマに沿った勉強ができるそうです!!

 

すごい!!

 

こんな動きが進んでいけば子どもたちが将来のことを考えやすくなるとおもいました!

 

実際やりたいことがわからない!って大学生の友達や教え子がたくさんいたので!

 

何したいかわからない!色々したいことがある!みたいな人。

 

岡山大学のディスカバリープログラムオススメです(^^)

 

ふと思った。日常の疑問について。信号機編。

こんにちは。JAPANくんです。

 

今日は信号機について考えていきたいと思います。

 

信号待ちしてて、

 

「信号機待ちって人生で何分くらいむだにしてるんだろう。」

 

ってふいに思ってしまいました。

 

一応いろいろな本やホームページで調べてみたところ一回あたり約60〜150秒だそうです。

 

平均したら100秒くらい。

 

1日10回信号に引っかかるとして1日1000秒=約16分

 

一年では365×16=5840分

つまり、約97時間。

 

え?

年間丸4日分くらい待ってるんや…

 

と、いうことは人生80年としても、320日。

 

11ヶ月分くらい信号待ちに費やしてるんだ…

 

日常的に車に乗ってる人は10回以上は楽勝でもっと待ってるだろうからもっと多いってことか。

 

ちなみにJAPANくんは、信号待ちの間にニュース記事を1つ読んでます。

 

信号待ちを制すものは人生を制す。笑

 

さて、そんな感じに信号機について調べていたら!!

 

電気代ってどれくらいかかってるだろう…

 

と気になってきました。

 

調べてみると、、、、

 

時間帯に関係なく一定の動きをしているため、計量を省略し、概算で清算されています。 信号機の電気代は、平均して1基当たり月1万5000円~2万円。 年間にして18~24万円といわれています。1基が月1万5000円だとしたら、全国の信号機を動かすために360億円かかっている計算になる。

https://taishu.jp/quiz_detail160.php

 

うわ。生活必需品ではあるものの、年間360億もかかってると思うともったいない気がしてくるのはなぜだろう。笑笑

 

でも太陽光をつかったりすればなんとなくもっと減らせる気もすると思いました。

 

おお!!なんかスッキリした!!

 

やっぱり疑問に思ったことをすぐ調べることって大事やなー。

 

勉強も疑問をすぐ解決してインプットして演習でたくさんアウトプットできる子が最後は勝つもんなぁー