大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

勉強に集中できない男子諸君に捧ぐ、勉強に集中できるようになるコツ【その2】

こんにちはJAPANくんです。

 

今回は勉強に集中できるようになるコツシリーズ2回目です。

 

やっぱり、勉強に集中できないという悩みってめちゃめちゃよく聞くんですよね。

 

そんなみなさんのお悩みを解決しちゃおう!ということで書いてみます。

 

1回目をまだご覧になっていない方はこちらをご覧ください。 

japankunno-suugaku.hatenablog.jp

 

前回は勉強する環境について話をしました。 

 

今回のコツは、「人目」をうまく利用するということです。

 

人は見られていると集中できる

 

人間は、一人だとなかなかがんばれない生き物です。

 

ダイエットや筋トレもやった方が良いとおもうけど…

 

続かない。

 

まず始められない。

 

みたいなこと多いと思います。

 

勉強についても集中してやろうと思うけど…そもそもできないというような人もイルカと思います。

 

そんな人はまず、まわりに宣言することをやってみると良いと思います。

 

例えば、19:00〜21:00に毎日勉強することをきめたとします。

 

「僕は今日から毎日19:00〜21:00までの間勉強します!」

 

ということを少なくとも10人以上にいいまくってください。多ければ多いほどいいです。

 

また、facebookinstagramなどでも宣言してください。

 

とにかく周りに「こいつは19:00〜21:00まで勉強するやつ」という認識を与えます。

 

そうすると、言ってしまった手前やらざるを得なくなります。

 

例えば、19:00〜21;00は勉強する!と言ったにも関わらず、あなたからLINEがきたら友達は

 

「勉強するんちゃうんかい!」

 

「口だけ野郎か!」

 

と思われてしまいます。

 

人間はやはり、人によく思われたいという部分が多かれ少なかれあるので、人にきらわれない行動をとることになります。

 

したがって、とにかく宣言しまくることがまず大事です。

 

ただここで別の問題がでてます。

 

上に書いた方法を実行すると学習の習慣が徐々に身に付くようになります。

 

しかし、勉強の途中で集中が切れてしまうケースもあるかと思います。

 

そんな時も人目をうまく利用することで解決できます。

 

例えば、わざと人目につくところで勉強する。

 

JAPANくんは授業準備やブログ執筆などの作業は絶対一人きりになる場所でやりません。

 

周りに人がいる環境でやります。

 

ただし、友達と一緒にやるのはNGですね。

 

結局人に合わせてしゃべったり、予定してた時間より早くおわったりしてしまいます。

 

あくまで「風景として」まわりに人がいる事が重要です。

 

なんとなく周りに人がいるとさぼりにくい雰囲気になります。

 

別に他人であってもです。

 

これをうまく利用しましょう。

 

ただどうしても一人でやらないときも中にはあると思います。

 

そんな時は、自分の好きなアイドルのポスターや写真をおいておくと効果的です。

 

人の顔が横にあるだけで、すごく「見られてる感」があります。

 

実際、今、熊崎晴香ちゃんの写真をスマホに表示しながらこのブログを書いていますが見られている感が半端ないです。

 

見られているからやらなきゃって気持ちになります。

 

あとは、自分の姿が写るように鏡を置いておくのも有効ですね。

 

これも結構見られている感があるし、

 

自分の鏡と目が合う=自分がさぼっている・集中が切れている

 

ということが目に見えてわかるので、戒めになると思います。

 

こんな感じで、周りの人の目を利用して、集中して勉強できる環境をつくって生きましょう!

 

次回に続きます。