大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

久しぶりに朝がゆっくり時間があって昼まで寝たら、すごくスッキリして睡眠の大切さを感じた話。

こんにちは。JAPANくんです。

 

ありがたいことに最近たくさんのおシゴトをいただくことができるようになってきてありがたいです。

 

本当に感謝。

 

最近は、

予備校講師

理科実験教室講師

ブロガー

投資家

暗号通貨勉強会の主宰

講演活動

 

などなど

 

本当にいろんなお話がいただけるようになり楽しく充実した日々を送っております。

 

睡眠時間はいつも7〜8時間は取るようにしているんですが最近ちょっとつかれも溜まっている部分も正直ありました。笑

 

さて、前日に久々に朝の予定がなくなり。

 

9:00に起きて、数学の勉強とブログと読みたかった本を読もう!

 

と思いを巡らせながら寝ました。

 

すると……

 

なんと!!!

 

12:30に目覚めましたあああああああ!!!

 

12時間くらい寝てしまいました。笑

 

ただ、ふと気づいたんです。

 

「あれ?体の調子がいつもよりいいぞ。」

 

なんかキレがあるぞ。

 

 そのとき改めて気づいたんです。

 

睡眠って大事なんじゃないかなと。

 

そこで今回は睡眠をしっかりとることの大切さや睡眠の効用について調べてみました。

 

睡眠の効用

1.成長ホルモンがでる

睡眠をしっかりとると成長ホルモンがでます。大人でも子どもでもでます。

 

古い細胞を修復する効果があるそうです。筋トレは一度、筋繊維を破壊して再度繋がるときに強くするということで筋力アップするので、しっかり睡眠をとらないと筋トレの意味がありません。

 

アンチエイジングにも睡眠は効果的なので女性はしっかり寝たほうがいいかもしれませんね。

 

ちなみに睡眠のゴールデンタイムというのがあり、夜22:00〜2:00に成長ホルモンがでるそうです。

 

なので、その時間だけ狙って4時間睡眠で活動しているは方もいるらしいです。笑

 

2.ストレス解消になる

われわれが起きている間に1番活動しているのが「脳」です。脳は常に入ってくる様々な情報をフル回転して処理してくれています。

 

そんな脳を休ませることができるのが睡眠です。

 

睡眠が少ないと、脳が疲労した状態になりストレスを感じやすくなります。

 

それが慢性的に続くと「うつ」の原因になったりします。

 

脳みそをフル稼働する受験生は特に睡眠が必要ですね!

 

3.記憶を強化する

脳は寝ている間に記憶の整理をします。

 

もう少し詳しく言うと、脳の中に溜まった情報を必要なものとそうでないものに分ける作業をしてくれています。

 

特に大事だと判断された情報は、脳の取り出しやすいところに格納されます。

 

よく使う大事なものを部屋の1番取り出しやすい棚に入れておくイメージです。

 

しかし、睡眠時間が足りないとその整理(片付け)の作業ができないため大事なものがどれなのか、いらないものがどれなのかわからない状態。

 

つまり頭の中がゴミ屋敷になるわけです。

 

必要なときに必要な知識を取り出したい受験生にとって特にこの効用を期待したいですよね。

 

4.ダイエットにも効果的

受験勉強に集中していると太りやすいという声をよく聞きます。

 

睡眠には、ダイエット効果もあります。睡眠不足が続くとレプチンという食欲抑制・脂肪燃焼のホルモンが出にくくなります。

逆に、グレリンという食欲増進ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

したがって睡眠時間が少なくなると

 

『ついたべちゃう』

 

体になってしまいます。

 

寝ることでカロリーも消費できるのでダイエットのためにはまず睡眠を整えることが大事ですね。

 

以上、受験生にとって睡眠がどれくらい大事かについてお話しました!寝るときはしっかり寝て、効果的に勉強しましょう^_^