大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

母親『あんた!ゲームばっかりやってないで、勉強しなさい!!』に一言物申す。

今日は親御さんに読んでほしいお話。 

 

タイトルにも書きましたが、

 

母親『あんた!ゲームばっかりやってないで、勉強しなさい!!』

 

みたいなこと言われたことある人も多いと思うんですね。

 

お子さんに言ったことがある方もいるかもしれません。

 

ただ果たして、それって効果あるんでしょうか?

 

今回、こんなニュース記事が出て来ました。

 

ゲームを禁止しても学校の成績に変化なし むしろ集中力や計画性が養われる傾向https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170713-18874721-careercn

 

まとめると、ゲームを禁止しない親は、子どもの勉強に対する集中力があるととらえたり、家族のコミュニケーションがうまくいったらしていると感じる傾向にあるとのこと。

 

もちろん相関関係なので、じゃあゲームをやらせれば集中力が上がるのか?とかそういうことを言いたいんじゃない。

 

本質は、そもそもなんのために『禁止』するのか?

 

ということだと思います。

 

今や、大人ですら電車の中でスマホゲームに夢中になっています。

 

例えば『電車の中でスマホなどでゲームをするのを禁止します!!』

 

ってなったらどうしましょう?

 

意味わからん!!

 

とか

 

ふざけるなー!

 

とか

 

無視してやっちゃおう。

 

みたいな感じになると思います。

 

そして、例えば『シゴトの役に立つから!安心した老後を過ごすためには知識必要だから!』みたいなのりで、『電車の中では勉強すること!』みたいに言われたらどうでしょう。

 

いやですよね?

 

もし、子どもを持つ親御さんが見ていたら強制的にゲームを禁止することはやめてあげてほしいです。

 

ちゃんと明確な理由があって、子どもも納得しているなら禁止でいいと思います。

 

しかし子どもたちも皆さんと同じ1人の『人間』であり、欲求や要求、思いがあると思うんですね。

 

ゲームをやることで、

・友達とのコミュニケーションがとれる

・極めたゲームのテクニックで自信がつくとか人を喜ばせることができる。

・思考力・判断力がつく。

 

などの副産物もあると思うんですね。

 

トランプとかのカードゲームなら許されて、テレビゲームだけが批判されるのも意味がよくわからないですよね、

 

今の時代、YouTubeなどでゲーム実況で食っていけてる人もいるくらいなので、興味のあることを極めていくのがいいと思います。

 

一個興味のあることを見つけて、突き詰めようと思ったら、絶対勉強がいります。

 

そこまで行けたらしめたもんですね。

 

子どもたちは勝手に勉強するようになります!!

 

勉強は、した方がいいです。それは間違えない事実です。

 

しかし、『学校の勉強がすべてではない』と思います。