大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

言葉の大切さの話。なぜ感謝する場面なのに『すみません』というのか?考えてみた。

こんにちは。

 

JAPANくんです。

 

今日は言葉の話をしたいなぁと思います。

 

今日、コンビニに行ったんですが

 

700円以上でひけるくじ引きみたいなんあるじゃないですか?

 

f:id:suu61171:20170720231704j:image

 

 

僕それひいたんですよ。

 

店員「いかがでしたか?」

 

JAPANくん「応募券(はずれ)でしたー!」

 

と言って爽やかに去ろうとしたら…

 

 

店員『すみません!』

 

と誤ってきたんです。

 

しかもかなり申し訳なさそうに。

 

 

いやいやいやいや、お姉さん一個もわるくないでしょ。

 

 

と思い

 

JAPANくん『謝らないでくださいよー^_^』

 

 

って言ったら

 

 

店員『他の人は結構あたってるんですよー!!!』

 

 

っていう謎のフォロー。笑

 

 

その時思いました。

 

 

日本人て、何もないのに謝るよなって。

 

 

何かをしてあげたら、

 

 

『すみません。』

 

 

っていう人いると思います。

 

 

多分、気遣いをさせてしまって『すみません』ということだと思うんですが、、、

 

 

めっちゃ気になる。

 

 

こっちは良いことをした(しようと思ってしてないけど)のに謝られる。

 

 

別に、あなたわるいことしてないよ??

 

 

こっちが快くした行為は、気持ちよく受け取ってほしい!!

 

と強く思いました。

 

 

そういう人一言一言の言いまわしが大事だと思うし、その積み重ねが人生を作ってるなと思います。

 

 

施してもらったことに対して『(自分なんかに)すみません』と言い続けて、自己肯定感が育つでしょうか??

 

 

言葉について、見直すいい機会をいただけてうれしいです!!