大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

大学で何を学ぶか。ていうかそもそも大学って行くべきなのか?

こんにちは。

 

JAPANくんです。

 

 

今日はこんなニュース記事を読みました。

 

「志望者殺到の人気大学を選んでいいのか」志願者殺到の「人気大学」を選んでいいのか? : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/4

 

 まとめると、近畿大学のように『偏差値』はそこまで高くない大学であっても『近大マグロ』など、独自研究でおもしろいことをやっているということを発信し続け、『志願者数』で全国1位になる大学がある。

 

逆に、入試方式を工夫して複数出願を推奨し『のべ数』として、『志願者数』を増やしている大学もある。

 

今後は、そのようにマーケティングで学生数を増やしていくのではなく、『マッチング』つまり、「なにを学ぶか?」の学びの幅で人気が時代になっていくそうです。

 

僕は、勉強したくない人は大学いかなくていいと思っています。

 

大学にいかずに、高卒で年収300万として4年働いたら1200万たまる。

 

大学は私立だと年間100〜150万つまり600万円の損失。

 

お金の面『だけ』でいうとどっちが得なのかわからなくなって来ますね。

 

実は、僕はお金はそこまで重要視してないんですが時間がもったいないと思います。

 

大学に行くなら、

 

モテたい!

 

でもいいし、

 

やりたいことを追求する!

 

でもいいし、

 

なんらか目的を持って行きたいものですね。

 

JAPANくんはマジで大学の時は一日20時間勉強してました。笑

 

大学入学前に、読んだある本で

 

『大学生になったらバイトはするな』

 

というのが書いてあって、理由を読むと…

 

『なんでもできる大学生活で「お金のためのバイト」をするな。君の時給=君の命の価値=800円でいいのか。恋愛でもいい。勉強でもいい。800円より価値ある1時間の積み重ねが君の未来をつくる。』

 

みたいなこと書いてあって。

 

かっ…かっこいい!!

 

と思ってしまい。

 

本当に大学生の4年間はお金のためのバイトはしませんでした。

 

教師になるつもりだったので、経験のために、くもんや家庭教師、個別指導塾などはやりましたが(^^)

 

おかげで一日20時間勉強できてその蓄積で今、食えているようなもんです。

 

【今日の教訓】

 大学は目的意識を持っていこう!

 

当たり前のことですが大事なことですね(^^)