大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

イーサリアムのスマートコントラクトが世の話中変える気がするから異常にワクワクしてる

こんにちは。

 

JAPANくんです。

 

今日は『スマートコントラクト』という技術についてお話しします。

 

その前に、ビットコインなどの『暗号通貨』ってご存知でしょうか?

 

暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。 暗号通貨は代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨のひとつでもある。 2009年にはビットコインが初めての分散化された暗号通貨として登場した。

 

wikiより

 

 まぁ、ビットコインが1番知名度があると思うんですが、僕が注目しているのは『イーサリアム』です。

 

イーサリアム(英: Ethereum)は、イーサリアム・プロジェクト[1]により開発が進められている、分散型アプリケーション (DApps) スマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称である。

 wikiより

 

 2017.9.3時点で暗号通貨の時価総額ランキングで第2位。

 

f:id:suu61171:20170903141746p:image

 

また2017.9.2現在で1ETH=約43000円。 

f:id:suu61171:20170903141930j:image

 

注目の高さが伺えるとおもいます。

 

さて、なぜそんなに注目が高いかというと、『スマートコントラクト』が扱えることが大きいです。

 

スマートコントラクトとは何かというと、すご〜く簡単にいうと『契約の全自動化』です。

 

例えば今、車を借りようと思ったらいろんな『契約』が必要だと思うんです。

 

1.レンタカー屋にいく。

2.書類を書く。

3.免許証や印鑑を持っていく。

4.お金を払う。

5.カギをもらいにいく。

6.乗る

7.ガソリン入れる

8.返しにいく。

 

みたいなことを全部やらないと借りれませんよね?

 

でも『スマートコントラクト』が導入されると…

 

1.レンタカー屋にいく。

2.書類を書く。

もちろん、直接お店に行かなくていいです。書類も書かないでフォームに入力すればいいですよね。ここまでは、今でもよくある話です。

 

3.免許証や印鑑を持っていく。
4.お金を払う。
事前に登録されている印鑑情報やクレジットカード情報または、暗号通貨のウォレットのアドレスなどが自動的にしかも安全に業者に届きます。

 

5.カギをもらいにいく。

自動的に自分のスマホにスマートキーが届きます。画面をかざすと車が運転できます。


6.乗る
7.ガソリン入れる
8.返しにいく。

自動運転が実現すればこの辺も全部自動的にやってくれます。

 

 

 まとめると、すごい。

 

これってなんにでも使えると思うんですよ。

 

実際『宝くじの自動化』を実現するクォンタという通貨(トークン)などもでてきていますし!!

 

f:id:suu61171:20170903144032j:image

 

しっかり時代の流れをよんでいき、順応に対応していきたいものですね^_^