大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

スーパー小学生バオくんに学ぶ本当の『学び』とは?

こんにちは!

 

JAPANくんです。

 

今日は、スーパー小学生『バオくん』についてお話しします。

 

まず、なんでバオくんのことを書こうと思ったかと言う友達から、こんなLINEが送られて来たからです。

 

 

友『これ何かわかる?』

f:id:suu61171:20170907221648j:image

 

 J『わからん』

 

 

友『2年前のバオくん。』

 

 

J『!!!!!』

 

 

バオくんについて、わかりやすくまとめてあるページがありましたので、こちらをご覧ください。

 

中島芭旺(バオ)くんとは!?学校へ行かず自宅学習を選ぶ9歳児

 

中島芭旺くん(11歳)は、本も出しているスーパー小学生です。

 

僕は、発売日に買いました笑笑

 

 

本出してる時点でスーパー小学生なんですが、どのくらいスーパーかと言うと、学校の勉強がつまらないから好きなことだけ勉強したい!ということで…

 

積極的に『不登校』になったそうです。

 

そして脳科学の本とか、経営の本とか哲学の本を読み漁っているそうです!!

 

すごー。

 

僕が何かで彼を見たとき『アップルの経営哲学』みたいな本を読んでいましたwww

 

また『好きな人から学ぶ』というスタンスを貫いていて、脳科学者で有名な茂木健一郎さんや、僕のリスペクトしてやまないホリエモンこと堀江貴文さんとも交流があります!!

 

僕はバオくんの生き方好きです!

 

既存の枠組みにとらわれず、学びたいことを学びたいだけ勉強する。

 

なんのために勉強するかというと『おもしろいから』

 

スティーブ・ジョブズが大学中退したあとに『面白かったから』デザインの授業を聴講してて、のちのちMacBookを作る時にスタイリッシュなデザインやフォントでクリエーターの心をつかんだという話とも似ているとおもいます。

 

おもしろいから追求する、どんだけやっても疲れない。

 

もっとしりたい!

 

ってなると思うんですよ。

 

今の中高生見てるとみんなつかれてるきがします。

 

サッカーやりたいなら、徹底的にやればいい。

 

あとのことなんて関係ない!

 

勉強しないと大変なことになるぞ!

 

とか

 

サッカーじゃ食っていけない!!

 

とか

 

そういう声は無視!!

 

サッカーで食っていく=サッカー選手

 

という時代でもないですからね。

 

知人が、サッカーのトレーニングを取り入れたフィットネスをやってるんですがかなり流行ってるみたいですよ?!

 

 

こんな感じでシゴトはどんどん増えていくのでもっとやりたいことを追求していくといいとおもいます!!