大学受験と数学とわたし

大学受験や教育のことを中心に予備校の数学講師が語ります!

今、話題の旨味と辛みのコラボレーション「岐阜タンメン」に潜入してきました!!

こんにちは!

 

JAPANくんです。

 

今日は、【岐阜タンメン】を食べてきました!!

 

岐阜タンメン

 

f:id:suu61171:20180207152431j:image

 

外観はこんな感じ。(公式HPより)

 

そもそもタンメンってなんやねん!!

 

ってなったので、調べてみました。

 

タンメンとは日本の関東地方を中心に食べられているポピュラーな麺料理である。中華麺と具材には炒めた肉野菜を使用し、塩味の鶏がらスープをあわせたもの。

 

とwikiに書いてありました。

 

JAPANくん、タンメンって一切食べたことありませんでした。

 

次長課長の

「オメェに食わせるタンメンはねぇ!!」

 

でタンメンという言葉は知っていたのですが笑

 

なるほど関東でよく食べるんですね。

 

ただ、さっきの説明だと塩ラーメンとどこが違うねーん!!

 

ってなりました。笑笑

 

さらにいろいろみて調べると……

 

塩ラーメンは、ラーメンのスープに塩ダレを混ぜたものだそうです。

 

味付けは「塩ダレ」なんですね。

 

タンメンは、中華鍋で野菜を炒めてそこにスープを入れて塩で味付けしたものだそうです。

 

つまり味付けは「塩」なんですね。

 

ラーメンとタンメンの違いは

・野菜が炒めてあるかいないか。

・味付けか塩ダレか塩か。

 

ということですね!!

 

なるほどなるほど。

 

さっそく中に入ると…

 

平日の昼13:00くらいというピークの時間は外して行ったのですが…

 

4組待ち。

 

そこそこ人気ありますね(^◇^;)

 

びっくりしました。

 

待ってる間に「岐阜タンメンとは」の張り紙を見ていました。

f:id:suu61171:20180207153539j:image

 

すると。

 

豚肉、白菜、キャベツを炒めて旨味を出す。

 

そこに、塩ベースのタレとニンニク。

 

え?!

 

それって絶対おいしいやつやん?!

 

本来ならタンメンとさ、塩で味付けされてるさっぱり系の麺のことを指すのに、ラーメンで使われるような塩ダレが使われてるってことは……

 

絶対おいしいやん。

 

と確信してしまいました。

 

f:id:suu61171:20180207153947j:image

 

そして、いよいよ注文です。

 

辛みだれがかけれるのが特徴だそうです。

 

今日は初めてなので一番スタンダードな「一辛」をチョイス。

 

覚悟のある人だけが食べれる『デス辛』に目がいきましたが、絶対食べれないな。笑

 

辛いソースの上に、ハバネロペッパーがかかるらしいw

 

f:id:suu61171:20180207154153p:image

 

さらに気になったのが、、、

 f:id:suu61171:20180207154314p:image

 

え?

 

プロテイン?

 

青汁?

 

え?え?麺類だよね。

 

え?

 

ってなりました笑

 

すごーく気になりましたが、今回は初めてなので一番スタンダードなトッピングなしにしました。笑笑

 

f:id:suu61171:20180207154450j:image

 

じゃーん!!

 

一辛の岐阜タンメンです!

 

食べてみると…

 

すごくコクがある。

 

でも、しつこくない…

 

一辛くらいだとほとんど辛くなくて味のアクセントになってちょうどいい。

 

麺類にはうるさいJAPANくんですが、納得の味でした。

 

それもそのはず。

 

一杯一杯、店長さんがレンゲで味見をしていました。

 

「〇〇さん!これニンニク足りないよ!」

 

と指示を出して味付けをし直している姿を見ました。

 

まさにプロの仕事。

 

岐阜タンメン。

 

なめてました。

 

こだわりの味。

 

ぜひ行ってみてください!!